クレジットカードのショッピング枠現金化の最大のリスクとは

現金化で注意する点
消費者センターや弁護士などを中心として「クレジットカードのショッピング枠現金化」が違法であるというキャンペーンを見たことが無いでしょうか。

これだけを見てみるとクレジットカードのショッピング枠現金化は違法であるように感じることもあるでしょうが、現実的に現状の法律では現金化業者を摘発することが出来ても、利用者を摘発することはかなり難しいと言えます。

ただし、現状の法律では難しいということですから、クレジットカードのショッピング枠現金化についての法律が整備されることがあれば、現金化業者だけではなく利用者も摘発される可能性はあります。

ただ、クレジットカードのショッピング枠現金化の利用者は当局に摘発される可能性は低いですが、実は現金化のリスクはそれだけではありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律での摘発は難しいかもしれませんが、クレジットカード会社と締結しているクレジットカードの利用規約には確実に抵触することになります。

つまり、クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカード会社のペナルティを受ける可能性は低くないのです。

どうしてもショッピング枠現金化を利用しなければならないという事態になったような場合には、クレジットカードのショッピング枠現金化をしたことをクレジットカード会社にバレないように細心の注意を払うことが必要です。

もし、ショッピング枠現金化がクレジットカード会社にバレてしまえば、クレジットカードの利用停止、利用額一括返済請求、強制退会、クレジットカードの新規作成停止などのペナルティが考えられます。

それぞれのクレジットカード会社によってペナルティの度合いは違っているようですが、クレジットカード作成時の審査が厳しいようなクレジットカード会社はペナルティも厳しい傾向にあるようです。

クレジットカードのショッピング枠現金化の利用者はクレジットカード会社のペナルティを考慮して利用すべきなのです。

クレジットカード現金化の注意点まとめ