自分にピッタリ合った青汁の見つけ方

「青汁」は健康に良いということで、愛飲している方も多いですよね。青汁の効果を十分に感じるためには、その青汁の選び方も重要です。

今は青汁にもたくさんの種類がありますが、自分に合った青汁を見つけるためにはどのような点に注意して選んだら良いのでしょうか。

青汁の主原料として有名なのが「大麦若葉・ケール・明日葉」です。青汁にはこの3つが含まれているものが多いですが、それぞれ効能が違います。

まず、大麦若葉の主な効能として上げられるのが腸内環境の改善や、様々な病気や老化の原因ともなる活性酸素の除去です。

そして、ケールは血糖値の改善や生活習慣病の予防、明日葉はダイエットやむくみ解消と、それぞれ効能が異なっています。

どれも通常の野菜からは摂取できないビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいるので、私達の体にとって良いものには変わりありませんが、青汁の効果をより感じたいというのであれば、まず自分の体の悩みにあった素材が使われているかを確認しなくてはなりません。

また、青汁は毎日飲み続けることでその効果が期待できます。毎日飲むものだからこそ、その素材の安全性には気をつけなくてはなりません。

そのため、素材の産地がどこであるのか、素材には農薬などが使われているか、残留農薬や放射能の検査がされているかなど、普段野菜を購入するときと同じように使われている野菜の安全性をしっかりと確認する必要があります。

そして、添加物の有無もしっかりと確認しましょう。最近の青汁は飲みやすさを追及するために甘味料を追加したり、コストを抑えるために余分なものが多く使われていることがあります。できるだけ余計なものが含まれていない青汁を選びましょう。

そして青汁の栄養を十分に体に取り入れるためには、青汁の製法もチェックする必要があります。青汁には多くのビタミンや酵素が含まれていますが、これらは加熱をすると壊れてしまうものがあります。

加熱をすることで取れる栄養素も大幅に減ってしまうのです。せっかく青汁を飲むのであるなら、これらの栄養を壊さずに取る為に非加熱製法が取られている青汁を選ぶことがお勧めです。

以上のように自分に合った青汁を見つけるためには、素材の質や安全性を十分に知る必要が有ります。

そしてもう一つ重要なのが相性です。どれだけ栄養価が高くても味やニオイが好みでないと、毎日飲み続けることが難しくなります。そして、コスト面においてもあまりにも高すぎると毎日続けるのが難しくなります。

素材の質や安全性はもちろんですが、ご自身で無理なく毎日続けられるものを選ぶことが、青汁の効果を十分に感じるためには重要なのです。