クレジットカードのショッピング枠現金化の最大のリスクとは

現金化で注意する点
消費者センターや弁護士などを中心として「クレジットカードのショッピング枠現金化」が違法であるというキャンペーンを見たことが無いでしょうか。

これだけを見てみるとクレジットカードのショッピング枠現金化は違法であるように感じることもあるでしょうが、現実的に現状の法律では現金化業者を摘発することが出来ても、利用者を摘発することはかなり難しいと言えます。

ただし、現状の法律では難しいということですから、クレジットカードのショッピング枠現金化についての法律が整備されることがあれば、現金化業者だけではなく利用者も摘発される可能性はあります。

ただ、クレジットカードのショッピング枠現金化の利用者は当局に摘発される可能性は低いですが、実は現金化のリスクはそれだけではありません。

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律での摘発は難しいかもしれませんが、クレジットカード会社と締結しているクレジットカードの利用規約には確実に抵触することになります。

つまり、クレジットカードのショッピング枠現金化はクレジットカード会社のペナルティを受ける可能性は低くないのです。

どうしてもショッピング枠現金化を利用しなければならないという事態になったような場合には、クレジットカードのショッピング枠現金化をしたことをクレジットカード会社にバレないように細心の注意を払うことが必要です。

もし、ショッピング枠現金化がクレジットカード会社にバレてしまえば、クレジットカードの利用停止、利用額一括返済請求、強制退会、クレジットカードの新規作成停止などのペナルティが考えられます。

それぞれのクレジットカード会社によってペナルティの度合いは違っているようですが、クレジットカード作成時の審査が厳しいようなクレジットカード会社はペナルティも厳しい傾向にあるようです。

クレジットカードのショッピング枠現金化の利用者はクレジットカード会社のペナルティを考慮して利用すべきなのです。

クレジットカード現金化の注意点まとめ

現金が必要な人にオススメのクレジットカード現金化

オススメのクレジットカード現金化
急に現金が必要になるということは少なくありません。しかし、現金の持ち合わせはなく、銀行口座には残高がない、または残高が足りないという人もいるでしょう。

そのような人でもクレジットカードを持っているという人はクレジットカードを利用した2つの現金の調達方法があります。

一つはクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。クレジットカードのキャッシング枠はクレジットカードの審査が通った時点でキャッシング枠の利用限度額までの審査が済んでいますから、利用限度額に余裕があれば銀行口座から現金を引き出すように現金を調達することができます。もちろん、キャッシング枠で利用した現金にはクレジットカード会社の決められた金利がつきます。

もう一つはクレジットカードのショッピング枠の現金化です。クレジットカードのキャッシング枠が初めから設定されていない人やクレジットカードのキャッシング枠を利用限度額まで利用している人でショッピング枠には利用限度額に余裕がある人はこの方法を使って現金を調達できます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化には色々方法がありますが、現時点でもっともオススメはクレジットカードでアマゾンギフト券を購入して、そのアマゾンギフト券をインターネット上のアマゾンギフト券買取業者に売却することです。

アマゾンギフト券はクレジットカードで購入することが簡単にできますし、Eメールタイプのアマゾンギフト券ですと買い取りをしてくれる多数のアマゾンギフト券買取業者が見つかります。

アマゾンギフト券買取業者はアマゾンギフト券の額面額の80%から90%程度で買い取ることが多いのでアマゾンギフト券買取以外のクレジットカードのショッピング枠現金化よりも条件が良いことが多いのです。

ただし、アマゾンギフト券買取業者には優良な買取業者とそうではなく買取業者があるので、実際に利用する場合には優良な買取業者をリサーチしておくことは必要となります。
アマゾンギフト券 現金化業者